白山市の家


石川県白山市。川のせせらぎが聞こえる敷地です。

北欧のアンティーク家具を扱うオーナーは建築にも造詣が深い。

アルバー・アアルト、ルイスカーンなどの本を持ってきては打ち合わせ。

そうやってイメージを膨らませていきました。

alt

アルバアアルト。フィンランドの建築家の自邸(フィンランド

carn

ルイスカーン。フィッシャー邸(アメリカ・フィラデルフィア)

このような名作をおこがましくも参考にしながら設計、デザインしました。

白山市の家

ozaki-1

完成約一年半後の住まいです。すごくステキに住まわれています。

ozaki-2

アンティークショップ部分。(コトノエという名前のショップです。)

この子はボクの娘。この家の基礎の配筋検査をしているときにヨメの陣痛が始まりとても焦りました。

o-08

ショップ内部です。なかなかコアなものがあります。ぜひ訪れてください。

ozaki-3

バルコニーからの眺め。手すりは眺望を邪魔しないようにスチールとワイヤーで作りました。